• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > たった22日で翻意…澤田みっともない引退撤回会見


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった22日で翻意…澤田みっともない引退撤回会見


アッサリ引退を撤回した澤田

 4・5両国国技館大会のIGFルール戦(旧MMA戦)で元十両の星風(30=モンゴル)に血まみれの判定負けを喫した末、引退表明した“売名王”澤田敦士(30)が1日、かなりみっともない「引退撤回会見」を行った。

 澤田はMMA路線第1弾の話題性に乗って星風と戦ったが、顔面から血が噴き出し凄惨な内容となったため、フジテレビの地上波放送(7日深夜)では澤田VS星風戦のみが放送されず…。売名目的のMMA戦がまんまと裏目に出た。

 パキスタン親善大会(4月27日、東京・上野)で青木真也とのエキシビション戦で復帰を決意した澤田は、大仁田厚もビックリのわずか22日という短期間で現役復帰を決意。IGF側にねじ込んで、前代未聞の引退撤回会見を強行した。

「これからは“新・澤田敦士”として出直します」と宣言した澤田だが、もはや説得力はない。次回の7・13福岡大会はプロレス部門の大会だが、澤田だけがまたまたIGF戦での出撃を提示され、井野恒広報から「(1)クラッシャー川口(2)鈴川真一(3)ブレット・ロジャース」の3択で対戦相手の選択を追う。

 だが澤田は「何でこの3人なんだ? オレが心底憎しみを持って戦えるのは小川直也だけ」と即答。高額ファイトマネーで知られる小川だけにIGF側は難色を示したが、澤田は「今こそ目を覚ましてください!」と吐き捨て、事務所を後にした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!