• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 船木がW-1を痛烈批判!団体独自の新王座創設訴える


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

船木がW-1を痛烈批判!団体独自の新王座創設訴える


W―1の方針に一石を投じた船木

 W―1が誇る孤高のサムライ・船木誠勝(45)が、団体の方針に一石を投じた。船木は「戦いの原点がない」とW―1勢を一喝し、団体独自の新王座創設を提唱。また、W―1よりもTNAマット出場が優先される真田聖也(26)の現状を「だまされたような気分」と痛烈批判した。

 

 昨年9月に旗揚げしたW―1は、対戦カードを当日発表にするなどの独自性を打ち出そうと試行錯誤を繰り返してきた。

 

 船木は「こういう感じのメンバーでやってます、という時期はもう終わった。争っている内容が本当に争うべき内容なのか。戦いの原点がない。KAI選手のエース闘争というのは分かりますけど」と斬り捨てた。

 

 一例に挙げられたのは「チャンス・コントラ・チャンス」(17日、後楽園)。フォールもギブアップもなく、開始7分後に規定の旗を持っていた選手が勝者となるもの。この手の試合こそ、船木が「ネタでプロレスをやるな」と最も嫌うものだった。

 

 W―1勢の意識を改革するためには、やはりベルトが不可欠という。

 

「もうW―1のタイトルを作っていいと思う。自分の目標も、みんながどこに向かっているのか、今誰が強いのか分かりづらい。ベルトという基本に戻した方がいい」

 

 王座を保有しないこともW―1の個性だが、ある“失策”が船木を新設へと駆り立てる。真田が日本人として初めてTNA・Xディビジョン王座を獲得するも、主導権はTNA。真田はTNAへの出場が優先され、W―1の大会に穴をあけ、5月4日の東京・TDCホール大会への参戦も不透明。これでは本末転倒も甚だしい。

 

「真田選手は向こうの選手になってしまった感じ。なんかだまされたような気分ですね。そのシステムにあぜんとしました」。ディビジョン王座をW―1で自由に扱えない以上、自前で王座を用意するほかない。船木の主張がW―1を突き動かすのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!