• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > IGFからフリーに 鈴木秀樹「年間100試合」目標

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IGFからフリーに 鈴木秀樹「年間100試合」目標


笑顔でIGF脱退を表明した鈴木

 IGFの鈴木秀樹(34)が「年間100試合」を目標にフリー宣言。IGFを離れ、フリー選手として活動していくことを表明した。

 

 鈴木は宮戸優光氏主宰の「UWFスネークピットジャパン」に入門。先日亡くなった“人間風車”ビル・ロビンソンさんに4年間にわたって鍛えられ、現役プロレスラーとしては最後の愛弟子にあたる。2008年11月にIGFでプロレスデビューを果たし、IGFの中核を担う選手に成長。昨年は「イノキゲノム・トーナメント」で優勝し、小川直也や藤田和之との一騎打ちでも高い実力を証明した。

 

 もともとIGFとは所属契約を交わしていたわけではなく、大会ごとにファイトマネーが支払われるフリー選手として参戦。IGFのMMA路線進出による試合数の減少や、師匠のロビンソンさんから生前に聞かされていた「世界各国、いろんなテリトリー、いろんなタイプの選手と試合してこそプロレスラー」の言葉がきっかけとなり、IGFのみの試合活動にピリオドを打つことを決意。2月末には総帥・アントニオ猪木氏を議員会館に訪ね、その意思を伝えた。

 

「自分も34歳。プロレスラーとして勝負を懸けて腕試しをしたい。今までも実はフリー選手でしたが、IGFの看板や猪木さんの名前に守られてきた部分も多かった。目標は年間100試合。今後は全く白紙ですけど、戦ってみたいのは全日本の諏訪魔選手、新日本の中邑真輔選手、フリーの髙山善廣選手、海外だとデイビーボーイ・スミスJr、あと指導委託者(ケンドー・カシン)とも戦ってみたい」

 

 191センチの長身と均整の取れた肉体から放たれる各種スープレックスの威力、美しさに定評がある鈴木の明日はどっちだ?

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!