• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > リコシェがドリーム王座V1も試合後は大荒れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リコシェがドリーム王座V1も試合後は大荒れ


ウーハー(下)にシューティングスタープレスを見舞うリコシェ

 ドラゴンゲート6日の東京・後楽園ホール大会で新オープン・ザ・ドリームゲート王者のリコシェ(25)がウーハー・ネイション(26)を下して初防衛に成功した。

 

 リコシェは2004年9月に誕生したドリーム王座で史上初の外国人王者に。外国人選手同士の選手権も当然初で、試合前には初めて流れる米国国歌を気持ちよく聴いた。ただ肝心の試合は185センチ、120キロの巨体を誇る怪人に木の葉のように投げ飛ばされて大苦戦を強いられる。

 

 それでも月面水爆やサードロープを使った逆片エビ固めなどで左ヒザを集中砲火。要所で華麗な空中殺法も発射し、最後はベナドリラー(顔面キック)を命中させて3カウントを奪った。

 

 激闘の末、両者はスポーツマンらしく健闘をたたえ合ったが、感動シーンも、ならず者集団マッド・ブランキーの乱入で台無しに。主犯はYAMATO(32)だ。YAMATOはこの日、完勝したT―Hawk(23)とのノーロープ戦が休憩前に“降格”させられたことで不満倍増。「俺はこの状況が気に食わねえ。次の挑戦者はこの俺だ」と挑戦状を叩きつけた。

 

 そんな不満分子の前に門番のごとく立ちはだかったのはウーハーで「リコシェとやる前に俺とやれ」と通告。YAMATOも受諾し、4月8日の後楽園大会での一騎打ちが緊急決定した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!