• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ケガ人続出の大日本が門戸開放を宣言


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケガ人続出の大日本が門戸開放を宣言


 大日本プロレス社長の登坂栄児氏が25日、所属中軸選手の離脱者が後を絶たない現状に門戸開放を宣言した。

 大日マットが緊急事態だ。特にデスマッチ戦士以外のストロングBJ部門が深刻で、年末に第3代世界ストロングヘビー級王者の関本大介が右ヒザを痛め、今年に入って手術を決断。さらに関本の正パートナーの絶倫王・岡林裕二までも左肩手術のため、復帰までに約1年を要する。加えて初代王者の佐々木義人も欠場中とあって、ストロングBJの主力部隊はことごとく不在だ。

 登坂氏は「ケガは仕方ありません…。他団体にも広げていこうと思ってます」と明言。関本の王座返上で、2・7後楽園ホール大会は、石川晋也対河上隆一による大日ホープ同士の新王者決定戦が行われる。登坂氏はどちらが初戴冠を果たそうが、王座流出のリスクを伴う他団体勢の刺客を歓迎する意向だ。

 トップ勢がいない今、若手には天下を取る絶好のチャンスでもある。登坂氏は「期待するのは生意気なダブル橋本。あのトンパチな性格もあるし、次の挑戦者に名乗り出てほしい」と断言。W橋本とはアニマル浜口道場出身で四方八方に喧嘩を売るが、結果を残せない大日・橋本和樹と、一時は和樹と仁義なき抗争を繰り広げたゼロワンの“破壊王Jr.”橋本大地だ。

 いったい誰がかじ取り役になるのか、注目だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!