• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 柴田1・4洋央紀倒しタイトル戦線殴りこむ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴田1・4洋央紀倒しタイトル戦線殴りこむ


後藤とのドーム決戦に向け意気込む柴田

 新日プロ来年1月4日東京ドーム大会で後藤洋央紀(34)と激突する柴田勝頼(34)が15日、ライバルを撃破してのタイトル戦線出撃を示唆した。

 

 三重・桑名工高時代の同級生・後藤とは今年5月に初の一騎打ちが実現し、ここまで柴田の1勝2分け。今夏のG1でも公式戦が予定されていたが、後藤が直前に右下顎骨骨折でリタイアしてしまった。

 

 後藤から復帰戦の相手に指名されて決まったドーム決戦。当の柴田も後藤の復活を待ち望んでいたが、いざ試合となれば話は別だ。「上がるとなったら容赦しないからね。せっかく新しい技のゴー2スリープもあるし、アゴ狙いで。ドームで復帰して、すぐ長期欠場とかになる可能性もある。本当に大丈夫か?」と情け無用の迎撃を予告した。

 

 後藤が欠場している間も柴田は新日プロに出場し続けていたが、ライバルとの決着を最優先にしていたため、長期的なテーマは見いだしにくかった。それだけに「オレもお前のせいで進めなかったから。もしまた後藤が欠場したら? もう、その先に進むよ。やる相手もG1で見つかってるから」とキッパリ言い切った。

 

 柴田はG1公式戦でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカや棚橋弘至に黒星を喫した。借りは決して忘れていないだろう。その2人がWメーンでそれぞれ王座戦を控えているドーム決戦後、柴田は昨年9月の新日プロ再参戦以降、一度も絡んでいないタイトル戦線に浮上していく可能性もありそうだ。

 

「いつまでもノスタルジックな思いに浸っていられない」。後藤との決着を一つのケジメとして、柴田は新たなステージへと進むつもりだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!