• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞】「世代交代」印象付けた今年の選考

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞】「世代交代」印象付けた今年の選考


ベストバウト、殊勲賞、敢闘賞にトリプルノミネートされたものの惜しくも受賞を逃した石井智宏

【本社制定「2013年度プロレス大賞」選考総括】もはや選考委員の誰しも把握できないほど国内のプロレス団体数が膨れ上がった「未知数団体時代」を象徴するような選考会議だった。

 

 老舗メジャー団体から、個性で勝負のインディ団体、単発イベント系まで千差万別。団体のパワーを集客力で計るのか?紙面や誌面に登場した話題力で計るのか?も各選考委員の判断に委ねられた。大賞創設時(1974年)のように女子も合わせて4団体に過ぎなかった時代とは違い、全団体、各地方の興行をくまなく取材している選考委員はほぼ皆無。

 

 今年、分裂騒動でマット界を混乱させた全日本プロレスとW―1からの受賞者はゼロ。また惜しくも受賞を逃したのがベストバウト、殊勲賞、敢闘賞にトリプルノミネートされた石井智宏(新日本)、MVPと殊勲賞にWノミネートされた曙(全日本)と永田裕志(新日本)、ベストバウトと技能賞にWノミネートされた藤田和之(IGF)といったベテラン勢だった。マット界の高齢化が憂慮される中、40代の受賞選手がゼロというのも2001年以来12年ぶりのこと。世代交代を印象づけた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!