• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞】ハンセン、ベイダー組に並んだTMDK

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞】ハンセン、ベイダー組に並んだTMDK


 

プロレス大賞 最優秀タッグ賞 マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト組

 

栄冠を勝ち取ったヘイスト(左)とニコルスが歓喜のビールかけ

 驚きの初戴冠だ。最優秀タッグ賞を受賞したマイキー・ニコルス(28)、シェイン・ヘイスト(28)は「この賞は知っていたが、まさか取れるとは考えてもいなかった」と口を揃えた。

 

 快挙といっていい。これまで同賞を外国人コンビが受賞したのは1998年のスタン・ハンセン、ベイダー組のみ。TMDKは来日わずか3年目で不沈艦&皇帝戦士というレジェンドに並んでしまったのだから、さあ大変だ。

 

「光栄です。今まで数々の先輩レスラーを尊敬して、少しでも追いつけるように頑張ってきた。その道をつくったレジェンドに近づけるようにしたい」と恐縮するニコルス。一方のヘイストは「自分たちもハンセンたちにあこがれて、ここまでやってきた。15年後、20年後にTMDKになりたいと言われるようにならないといけない」と襟を正した。

 

 2人は2011年2月に、オーストラリアからノアの留学生として来日。「ザ・マイティー・ドント・ニール(TMDK)=決してヒザをつかない」という不屈のオージー魂で頭角を現した。今年7月には新日本の矢野通、飯塚高史組からGHCタッグ王座を奪還。選考委員から「コンビネーションとタッチワークが絶妙」「一番完成されたタッグ」と絶賛された。

 

 賞レースではインディが誇る名コンビ、宮本裕向、木高イサミのヤンキー二丁拳銃と最後まで張り合った。ヘイストが「賞を逃した人が怒っているなら、いつでもやるよ」と言えば、ニコルスも「俺たちが賞にふさわしくないと思う人はいつでもかかってきなさい」と補足。会話の連係も鮮やかなTMDKが、来年もタッグ戦線を引っ張る。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!