• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > マスカラス兄弟が王座奪取!引退も撤回

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスカラス兄弟が王座奪取!引退も撤回


NOSAWAに鮮やかなフライングボディーアタックを見舞うマスカラス。囲み写真は新王者になり日本引退を撤回したマスカラス兄弟

【東京愚連隊興行】4日の後楽園大会で、ミル・マスカラス(71)、ドス・カラス(62)の仮面貴族兄弟が2002年7月の全日本プロレス大阪大会以来約11年半ぶりのタッグ結成を果たした。

 

 2人は東京世界タッグ王者のNOSAWA論外、MAZADA組との王座戦に出陣。挑戦者組なのに赤コーナー、後入場というVIP待遇だ。

 

 マスカラスが多様なメキシカンストレッチで老かいなテクニックを見せれば、ドス・カラスは62歳とは思えないトペ・スイシーダを発射。試合の主導権をつかんで離さない。

 

 さらに仮面貴族兄弟はNOSAWAに対し、代名詞の華麗なる編隊飛行を2度も敢行し一気に勝負に出る。最後はマスカラスがダイビングボディーアタックで3カウントを奪った。

 

 恐るべき健在ぶりを見せつけたマスカラスブラザーズ。ドス・カラスは大会前にこの一戦を日本引退試合としていたが、前言撤回はボクシング団体・IBFとレジェンドレスラーの特権とばかりに「ベルトを取ったので、引退なのか分からない。まだ日本に来ていないイホ・デ・ドス・カラス(アルベルト・デル・リオの弟)を連れて来たいという気持ちもある」と、一転して再来日を示唆。新たなベルト獲得の喜びをマスカラスと分かち合うと「メキシコであれば防衛戦をやってもいい。アミーゴ」とも豪語した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!