• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 新日1・4“大トリ”はファン投票で決定へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日1・4“大トリ”はファン投票で決定へ


 新日本プロレスの東京ドーム大会(2014年1月4日)で行われるIWGPヘビー級選手権(王者・オカダ・カズチカVS挑戦者・内藤哲也)とIWGPインターコンチネンタルヘビー級選手権(王者・中邑真輔VS挑戦者・棚橋弘至)の2大カードの試合順をめぐり“決選投票”が行われることが分かった。

 

 オカダは9日の大阪大会でカール・アンダーソンの挑戦を退けV6に成功。年内最後の防衛戦をクリアし、この日まで1・4ドームでの挑戦権を防衛し続けた内藤とのV7戦が決定した。

 

 オカダにとって内藤は、新日本プレデビュー戦(07年8月)の相手でもある。「あまりにも僕が先に行き過ぎていて特別な感情は特にありません」と平静を装ったが、春のNJC覇者にしてIWGP王者のオカダと、G1覇者にしてNEVER王者の内藤という年間最大興行にふさわしい頂上決戦となる。

 

 さらにドーム決戦ではIC王座をかけた中邑VS棚橋という11年9月以来となるライバル対決も決定した。2つの試合はダブルメーンイベントとして行われる。

 

 だが問題はその試合順だ。いかに同列の扱いといえども、試合の後先は「格」を表す。今年のドーム大会ではIWGP戦が最終試合に位置づけられたが、来年はどちらがトリを飾ってもおかしくないラインアップといえる。

 

 そこで手塚要社長は「本来であれば主催者である新日本プロレスが決めるんでしょうが、2試合とも甲乙つけがたい黄金カード。ドームの最後の試合を飾るとしたらどちらがふさわしいのか。今回はお客さんに決めていただきたい」。

 

 ホームページ上で行うファン投票で2大決戦の試合順を決めるという、過去に前例のない“総選挙”の開催を明かした。

 

 当のオカダは「どんなカードだからとか、IWGPだからとか、そういうのじゃない。俺だから(試合順は後であるべき)です」とキッパリ。2大エースとして団体をけん引してきた中邑VS棚橋と、新時代を到来させたオカダVS内藤。来年のドームの“顔”となるのは果たしてどちらか――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!