• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 木高が史上最軽量デスマッチ王者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木高が史上最軽量デスマッチ王者


史上最軽量デスマッチ王者となった木高

 大日本プロレスの神奈川・横浜文化体育館大会(4日)で、木高イサミ(32)がBJW認定デスマッチヘビー級王者・石川修司(38)を撃破。45キロの体重差をハネ返し、史上最軽量王者となった。

 

 蛍光灯の破片が無数に散らばる地獄の金網リングで勝ち名乗りを受けたのは体格面で圧倒的に不利の木高(172センチ、75キロ)だった。石川よりも身長が23センチ低く、体重に至っては45キロも軽い。力技では歯が立たない木高は頭脳と捨て身戦術で対抗だ。

 

 かんぬき状態で頭突きを連打された木高は、低身長を武器に頭突きをアゴにかち上げて逆襲。そして、高さ約3メートルの金網の最高地点からダブルニードロップで急降下する決死ダイブを決め、勇脚・斬(トラースキック)の連発で仕留めた。

 

 大日プロ年内最後の最大興行でユニオン所属同士による決闘を制した木高には、観客席から「ユニオン」コールが大爆発。至宝奪還を直訴した塚本拓海(22)を次期挑戦者に認め、木高は「感無量です。このベルトはデスマッチの金メダル」と充実の表情で血と汗を拭った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!