• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 長州が引退へ「来年いっぱいでリング降りたい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長州が引退へ「来年いっぱいでリング降りたい」


 長州力(61)が14日、レジェンドプロレス博多大会で藤波辰爾(59)との「名勝負数え唄」に激勝。来年中にもリングを去ることを示唆した。

 2011年9月のレジェンド札幌大会以来、1年10か月ぶりに実現した一騎打ち。過去の戦績は長州の7勝17敗2引き分け3無効試合1試合不成立。レジェンドの舞台に限定しても1勝3敗で負け越している。

 立ち上がりの均衡を打ち破ったのは長州だ。5分過ぎ、雪崩式ブレーンバスターで攻勢に出ると、サソリ固めを狙っていく。直後にドラゴンスクリューを浴び、フライングニードロップ3連発の反撃を許したが、それでもこの日の長州には鬼気迫るものがあった。リキラリアートで再び主導権を握ると、藤波のコブラツイストを強引に振りほどき2発目の首折り弾を発射。完璧な3カウントを奪ってみせた。

「(勝敗は)あまり関係ない。また2人がこうやって相まみえた。それでいいでしょう」と淡々と振り返ったが今後に関しては重大な決意を明かした。

「来年いっぱいくらいで、リングを降りたいって気持ちもある。俺のスタイルでやってて、怖くなってきてる部分もあるしね」と、レスラー生活に終止符を打つことを示唆したのだ。長州は15年前の1998年に一度現役を引退し、00年に復帰。だが年齢的にも61歳を迎えているだけに、完全なるプロレス人生の幕引きを見据え始めているようだ。

 そのため10年1月から藤波、初代タイガーマスクとともにスタートさせたレジェンドにも、新たな血を入れたいと考えている。長州は「たくさんいるわけだから。武藤(敬司)なり、蝶野(正洋)なり、越中(詩郎)がレジェンドとして来れれば」と、9月に新団体「W―1」旗揚げを控える武藤らと“業務提携”を結ぶプランを掲げた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!