• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > チリは南米最大のプロレス大国

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チリは南米最大のプロレス大国


<ディック東郷:Wツアー>

今回はチリのプロレスの歴史について書きたいと思います。

自分が出場した各団体の代表から聞いた話です。多少、年代のズレが若干ありましたが、みんな同じような事を言っていたので、ほぼ間違いないと思います。

チリのプロレス界にも暗黒の時代がありました。

1985年頃までは、「TITANES DEL RING」というプロレス番組があったほどチリでもプロレスが人気がありました。それが1985年代以降、突然チリからプロレスがなくなりました。一番の理由はプロレスで生活出来ないという理由から、選手がプロレスから遠ざかったのが原因のようです。それから、約15年間チリからプロレスが消えたのです。
しかし、1990年代後半になってECWやWWEというアメリカのプロレスがチリで放送されるようになりました。少しずつプロレス人気が復活していきました。プロレスラーになりたい若者が出て来たのです。

 2000年のある日、一つの団体が生まれました。ECWに影響を受けた「エクストリーム」という団体です。しかし、「エクストリーム」はすぐに消滅。その後、2004年にレボルシオン・ルチャ・リブレ(RLL)という団体が旗揚げ。しかし、チリ人はエゴが強く、すぐに分裂。

離脱者はどんどん新しい団体を作っていきます。それが今ののXNLやCLL、またはGLLだったりするわけです。やがて地方にも、飛び火します。アントファガスタのFULL、ランカグアのMax Lucha Libre 、バルパライソのVLLのように。

現在、チリには名前が上がるのだけで7団体。しかし、存在が確認されていない団体がまだ他にもあるようです。

また離脱の繰り返しで出来た団体が多いだけに、仲の悪い団体があったりします。

まるで日本のようです。

こうして、チリは南米最大のプロレス大国になったのです。
(ディック東郷)

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!