• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 大森、征矢が全日残留表明

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大森、征矢が全日残留表明


大森(右)と征矢

 分裂騒動に揺れる全日本プロレスで、大森隆男(43)と征矢学(28)の名物タッグ「GET WILD(GW)」が、揃って残留を表明した。長い沈黙を破った大森は「2度も全日本を捨てられない」と断言。長期欠場中の征矢も大森との一蓮托生を誓って追随し痛快かつ珍妙な名コンビは解散危機を脱することになった。

 

「新団体という話が出た時から気持ちが乗らなかった。(全日プロの)看板の大きさもあるし、自分の生まれ育った団体で死にたかった。残るのは当たり前。2度も全日本を捨てられない」

 

 大森は1992年10月に全日マットでデビュー。しかし、2000年6月に起きたノア旗揚げに伴う大量離脱騒動で団体を後にした。その後は様々な団体を渡り歩き、昨年2月に観客の支持を集めて全日再入団を果たした。「ファンあってのプロレス」と唱える大森に、13年ぶりとなる再離脱の選択肢はなかった。

 

 もちろん、武藤敬司ら前首脳陣に対する感謝の念は消えない。すでに電話で報告を済ませており「自分が選んだ道で頑張って恩を返す」と腹をくくっている。

 

 大森の残留宣言により、左目と左肩の手術を終えて欠場中の相棒・征矢も退団を固辞。

 

 征矢は「GWの征矢学として復帰することが一番の活力です。大森さんは今、一人でGWを名乗ってくれています。それは、ボクがGWとして帰って来るのを待ってくれているんだと思います。一緒に行動します。大森さんが死ぬのは良くないと思いますが…」と、大森の決意をやや曲解しつつもマイルドな口調で残留を表明した。

 

 征矢のほうも武藤や前社長の内田雅之氏、自身を全日プロに導いた西村修にも連絡を入れ、退路を断っている。

 

 GW軍は昨年度の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞最優秀タッグ賞コンビ。最近ではバラエティー番組「アメトーーク」(テレビ朝日系)で、その脱線ぶりがネタにされ、大きな反響を呼んだ。さあこれからという大事な時に征矢は負傷欠場に入り、大森はリングで孤軍奮闘…。それもまたワイルドだが、とにかく名チームはこれからも全日本で戦い続ける。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!