• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 復帰の内藤 標的はNEVER王座

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰の内藤 標的はNEVER王座


5・3福岡決戦でリング上から力強く復活を誓った内藤

 新日本プロレス6月22日の大阪・ボディメーカーコロシアム大会で約8か月ぶりに復帰を果たす内藤哲也(30)が、復活ロードを告白した。内藤はライバル・高橋裕二郎を撃破した後に、NEVER無差別級王座(王者・田中将斗)を標的にすると予告した。

 

 右膝前十字靱帯断裂で長期欠場中だった内藤は、6・22大阪決戦で裕二郎との復帰戦に臨む。裕二郎は昨年10月の両国大会で右ヒザを完全破壊された因縁の相手だ。内藤は「あれがなければ休む決断もできなかった。感謝してる」と話しながらも「スタートするならそこからかなと思ってた。踏み台になってもらいます」と力強く宣言した。

 

 新日プロの主役の座を狙いリングに戻ってくる次期エース候補。ジェラシーを燃やす後輩のオカダ・カズチカはIWGP王座を保持しており格好の標的と言えるが、内藤は復活後の青写真として別のものを見据えている。昨年11月に新設されたNEVER王座だ。

 

 初代王者決定トーナメントに名を連ねていた内藤は、直前の戦線離脱で出場がかなわなかった。トーナメントを制した田中が保持する間、王座戦は新日プロ内で前座的扱いを受け続け、気がつけばNEVERの興行自体が行われなくなる始末…。新設当初の目的であった「若手の底上げ」は完全に形骸化している。

 

 とはいえその責任を外敵王者・田中に押し付けるのは酷な話。むしろ王者候補ながらスタート前に姿を消した内藤こそがA級戦犯だ。

 

 内藤は「出場が決まってたのに、ファンの期待を裏切ってしまった。これをそのままにしたままで、新日本の主役を目指す資格はない。NEVERをNEVERに戻したいという気持ちもある」と、ケジメの王座取りを予告した。

 

 田中とパートナー関係にある裕二郎を撃破すれば、同王座への発言権が生まれる可能性も十分。新日プロの未来を担うために、足踏みしている時間はない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」23日は中止順延
台風接近の影響により、23日の全レースを中止順延。最終日優勝戦は24日に開催する。

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
兵庫若駒賞(26日、園田競馬場)

参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

東日本最大規模のポーカー大会・決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は平和島ボート・SG「ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!