• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > IWAベルトが骨董市で売られていた!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IWAベルトが骨董市で売られていた!


 トホホよ。IWAジャパンの女子ベルト(AWF世界女子王座)が骨董市で叩き売られていたことが判明した。

 

 見つけたのは第2代王者だった我闘雲舞のさくらえみ(36)だ。12日に東京・新宿区の花園神社で行われた骨董市をのぞいた際、見覚えのある赤いベルトが9800円で売られていたのを発見。すぐにIWAの浅野起州社長(60)に通報した。

 

 慌てて駆け付けた浅野社長は「なんとなく覚えてるわ…。確かにウチのベルトよ」と困惑。同王座は1996年に初代王者のルナ・バションからさくら(当時・元川恵美)が獲得して以降、IWAマットに定着したが、第20代王者のミス・モンゴルが2010年に返上してからは空位になっていた。その後はIWA事務所で管理されていたが、知らない間になくなっていたという。

 

 浅野社長は「いったい誰がこんなところに流したのよ。だいたい1万円以下ってアンタ、IWAをナメてるでしょ」と店員に食って掛かったが、20人の歴代王者のうち実に7人もが返上してきた“不人気王座”だけに、1万円以下という評価は妥当といえる。結局、浅野社長は2000円にまで値切り、さくらと1000円ずつ出し合って買い戻し、出資者のさくらが6・1新宿フェイス大会で第21代王者決定戦(対戦者未定)を行うことになった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!