• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日CC】秋山が悲願の初優勝!!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日CC】秋山が悲願の初優勝!!


 全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル」決勝大会が29日、東京・後楽園ホールで行われ、バーニングの秋山準(43)が優勝決定戦でKAI(29)を撃破し、10度目の出場にして悲願の初Vを果たした。四十路を過ぎて外敵として出場し、ついに手にした「青春の忘れ物」。かつて経験した“優勝トロフィーの屈辱”が大きな原動力となった。

 

 Bブロックを単独首位で突破した秋山は、準決勝でAブロック2位の真田聖也にリストクラッチ式エクスプロイダーで完勝。迎えた決勝戦では同門の潮﨑豪(31)を蹴落としたKAIと激突。バーニング対決が幻に終わった秋山は、その非情ぶりにさらに拍車をかけて潰しにかかった。

 

 潮﨑戦で出血したKAIの胸板へ、珍しく逆水平チョップを連打。さらにWアーム式DDTを突き刺すなど首にも集中砲火を浴びせ、最後はリストクラッチ弾でKAIの執念を断ち切った。

 

 この結果、6月30日の両国国技館大会で3冠ヘビー級王者・諏訪魔への挑戦が確定。秋山は「うれしいですけど、やらないといけないことがまだあるから。3冠、世界タッグ」と祭典を通過点とし「これで鉄人のところへ心置きなく行けます」と小橋建太引退興行(5月11日、日本武道館)にも目を向けた。

 

 今年からフリーに転向し、全日マット上陸からわずか1か月で世界タッグ王座を奪取。すでにバーニングの5選手全員もタイトルホルダーだ。そして秋山は念願の祭典制覇。何が秋山をここまで突き動かしたのか?

 

「いろんな先輩たちのトロフィーを下ろしてきた。三沢(光晴)さん、小橋さん、川田(利明)さん。一緒に出てて俺がというのはね…。そりゃあ悔しかったよ」。ノア移籍前の全日本所属時代には8度出場。最高順位は1998年大会の準優勝だった。そのため、出場選手でありながら決勝戦のほとんどでトロフィーを片付ける“撤収要員”に甘んじた。ある意味、敗戦以上の屈辱だった。

 

 また3度出場したノアのグローバル・リーグ戦も優勝経験がなく、2003年の新日プロ・G1クライマックスも準V。

 

「毎日続くリーグ戦のスタミナがないと思われるのは嫌だった。トロフィーは重いね」。鬼門のシングルリーグ戦でも結果を残した秋山の快進撃は止まりそうにない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!