• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】SANADAが決戦の地・長岡愛でNJC取り!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】SANADAが決戦の地・長岡愛でNJC取り!


おいしそうなパフェの前でなぜかポーズを取るSANADA

 新日本プロレスのSANADA(31)が15日、珍しく沈黙を破り「NEW JAPAN CUP(NJC)」初制覇へ向けた秘める思いを明かした。4月6日に米ニューヨークのマジソンスクエア・ガーデン(MS・G)でIWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト(26)に挑戦する権利をかけたトーナメントは勝負のシリーズ。普段は寡黙な男が、新日プロでのシングルタイトル初奪取に燃えている。

 ロス・インゴベルナブレス勢で唯一初戦を突破したSANADAは、鈴木みのる(50)との2回戦(17日、後楽園)を前に本紙をユニットの“聖地”ファミレスに招集。本紙の到着を前に空腹に耐え切れず先に食事を済ませ、早くもパフェを注文しているという制御不能ぶりを発揮した。

 会場でもめったに話さぬ男の緊急招集は、NJCへのただならぬ決意を象徴している。その理由の一つは、現王者ジェイにある。2月にIWGP王座を奪取した新星がMS・G大会での初防衛戦を確定させたことで、新日プロは時代の転換期を迎えた。

 SANADAは「ここで棚橋(弘至)、オカダ(カズチカ)ではワクワク感が物足りない。自分が優勝したほうがいい意味でも悪い意味でも気にしてもらえる。そのほうが新日本のためになる」。自身がもう一人のメインイベンターになることで、MS・G大会を新日プロの新時代の幕開けにするつもりだ。

 さらには24日のNJC決勝の舞台がアオーレ長岡。これも燃える要素となっている。新潟市出身のSANADAは同会場で行われた昨年のG1公式戦メインに勝利し、厳密には地元でもないくせに「日本で一番長岡が好きです」とマイクで締めくくった。「(建築家の)隈研吾が設計した会場だけあって、見やすくて一体感があるんですよ。日本一の建築家と日本一、長岡が好きな俺で最高の空間を…。うん、どう考えてもイメージが湧きますよ。長岡で優勝するSANADAの」と、“長岡愛”でタイトル奪取を誓う。

 珍しく冗舌だったが、会計が近づくと急に無言に…。なぜかパントマイムで財布を忘れたとアピールし始め、仕方なく本紙が食事代を払うと満面の笑みで親指を立てた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!