• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > オカダ貯蓄ゼロ「無一文」で完全復活

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オカダ貯蓄ゼロ「無一文」で完全復活


 新日本プロレス7日の両国国技館大会で行われたIWGPヘビー級選手権は、挑戦者オカダ・カズチカ(25)が王者・棚橋弘至(36)を撃破し第59代王者に輝いた。年頭から不振が続いていた昨年度MVPがついに完全復活。王座返り咲きを果たすため、オカダは私生活で「無一文からの再出発」を実践していた。

 

 2度目の戴冠までの道のりは険しかった。昨年、史上最年少で東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞MVPに輝いたオカダも、今年に入ると1・4東京ドームからシングルで2連敗とスランプに入った。オカダ自身も慢心があったと分析する。

 そこでオカダが思い切った“調整法”に取り入れたのが、私生活での散財だった。「気を引き締めるために、カネを使いまくろうと。引っ越して、車買って…。そうやって自分を追い込みました」。NJC前の3月に世田谷区内の高級住宅へ引っ越し、家具も一新。4月にはシボレー社の高級車「コルベット」を購入するなど、この短期間に推定で約1000万円を使い切ったとみられる。つまり現在は貯蓄ゼロの「無一文」。オセロ・中島知子もビックリの浪費だが、決して外道に洗脳されているわけではない。

 一見ただぜいたくをしているだけで何の役にも立たなそうな話だが、オカダにとってはハングリー精神を取り戻すために必要な荒療治だったという。そもそもオカダは中学校卒業後、高校進学せずに単身メキシコに渡るなど、保険をかけないプロレス人生を送ってきた。いわば「無一文」こそがオカダの原点だ。

「僕はカネの雨を降らせる人間なので、ためる必要がない。またこれからすぐ稼ぐだけの話ですから。今の貯金ですか? 特にありません」とオカダは胸を張る。

 昨年2月に棚橋を撃破した際はフロック視されていたオカダだが、もはやその実力は疑いようもない。自ら進んで退路を断ち続けるレインメーカーは、第2次政権でプロレス界に更なるカネの雨を降らせる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!