• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 大仁田厚が電流爆破戦乱発にクギ 商標登録出願

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大仁田厚が電流爆破戦乱発にクギ 商標登録出願


大仁田厚

 邪道・大仁田厚(61)が11日、都内で、1月8日付で特許庁に電流爆破マッチの商標登録を出願したことを明かし、日本マット界での「乱発」に改めてクギを刺した。

 大仁田は電流爆破について出願中の書類を公表し「海外では(自身が)レジェンドとして認知されているし、大事なコンテンツ。米国、豪州、英国からもオファーが来ている。女子を含めて電流爆破が無許可で乱発されている現状をどうにかしたい。“プロレス界における筋”さえ通してくれれば僕はいいんです」と説明した。

 登録が正式に認められるまで法的措置に出ることはないものの、発案者としての立場がないがしろにされている現状を嘆いて他団体に“警告”を発した。

 また21日に入院し、翌22日に両ヒザの人工関節手術を受けることも告白。師匠である故ジャイアント馬場さん(享年61)の「没20年追善興行」(19日、両国国技館)のわずか2日後に入院。昨年10月の引退試合から考えていた手術がようやく実現することになる

 同大会ではケンドー・カシン、鈴木秀樹、保坂秀樹と組んでグレート小鹿、石川修司、長井満也、佐藤光留組という、敵も味方もかなり厄介なタッグデスマッチ出陣が決まっている。本来なら欠場しても不思議ではないが「馬場さんの興行だけは死んでも出なければならない。両国で命を落としても構わん」と悲壮な決意を明かした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!