• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【RIZIN】榊原委員長 やるゾ!!「まさか」なサプライズ戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【RIZIN】榊原委員長 やるゾ!!「まさか」なサプライズ戦


榊原氏は今後の戦略を熱く語った

 格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行実行委員長(55)が本紙の取材に応じ、今後の展望を語った。昨年大みそかにボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)VS“キック界の神童”那須川天心(20)を実現させ、世界的な注目を集めた。この試合で大きな手応えをつかんだ「異種格闘技路線」を再び歩む方針を固め、またも“あの業界”に熱視線を送った。

 さいたまスーパーアリーナで行われたメイウェザーVS那須川は観客動員2万9105人(主催者発表)を記録。RIZINによれば昨年の総合格闘技イベントで世界最多数だったという。

 榊原氏 もうあれ以上はないんじゃないかって? 何言ってるの(笑い)。楽々超えますよ。さらなるサプライズをしっかり準備していますから。今後も大物参戦の可能性? ありますよ。(マニー)パッキャオだって、メイウェザーとの再戦とかいろいろな状況がある中で、何があるか分かりませんから。今は皆さんが「まさか」と思うような選手も、もしかしたら。立ち止まらずにいろんなチャレンジをしたい。まずは「お、そこにきたか」っていう選手の参戦を近々発表できると思います。
 
 大みそかにヒントを得て、今後の軸に据えようとしているのが異種格闘技戦だ。元祖は言わずと知れたアントニオ猪木氏(75=参議院議員)で、2000年代はPRIDEマットで髙山善廣(52)や永田裕志(50)らの参戦が話題になった。今後のRIZINでもプロレスラーがカギを握ると強調する。

 榊原氏 あの試合で異種格闘技戦はべらぼうにスリリングで魅力的だと改めて思いました。異種格闘技戦と言えばプロレスラー。そこは僕らとしてもなくしてはいけないエッセンスだと思います。(新日本プロレスの)1強を崩すためにも、例えば全日本プロレスとかノアの選手にうちで気を吐いてほしいですね。うちが「こんなプロレスラーが日本にいたんだ!」みたいな流れを生むきっかけになりたいです。

 名前の出た2団体ならば、レスリング出身の諏訪魔(42)やマイバッハ谷口(42)、空手出身の中嶋勝彦(30)らが候補に浮上しそうだ。一方で、ベルトを巡る争いも激化する。「RIZIN. 15」(4月21日、横浜アリーナ)では3つ目のタイトルとなるライトヘビー級王座が新設される。

 榊原氏 ベルトは年内にまだ増える可能性があります。(大会数は)すでに発表している6大会をまずは熱のあるものにして、あと2大会ほど追加できればというイメージ。それ以外にスタジオマッチを、各所の協力を得られたらキックオフしたい。

 最後に榊原氏は「今年はちょっと“変なこと”もしようと思います」と意味深に語り、立ち上げから4年目となるイベントのさらなる飛躍に自信をのぞかせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!