• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日1・4ドーム】オカダ レインメーカー封じられ赤っ恥完敗


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日1・4ドーム】オカダ レインメーカー封じられ赤っ恥完敗


場外でオカダを襲うジェイ

 新日本プロレス4日の東京ドーム大会で“レインメイカー”ことオカダ・カズチカ(31)はCHAOSを造反してバレットクラブ(BC)入りしたジェイ・ホワイト(26)の制裁に失敗。まさかの完敗を喫した。

 2012年の凱旋以来、7年ぶりに東京ドームでノンタイトル戦を戦うことになったオカダは約1年ぶりにショートタイツ姿で登場。大歓声を背に受け、序盤は優位に試合を進めた。怒りを込めた張り手を何発も叩き込めば、場外で襲い掛かってきた外道も迎撃してから、まとめて2人にランニング・ボディーアタック。このままペースを握りレインメーカーポーズを決め、仕留めにかかった。

 しかし、好事魔多し。長年その動きを間近で見続けた外道からアドバイスを受けたジェイにレインメーカーをするりとかわされ、スリーパーの姿勢から背後に投げ飛ばす荒技を食らう。

 これで試合を五分に戻されると、最後はレインメーカーをまたもかわされ、そのスピードが乗ったままのブレードランナーを被弾。そのまま3カウントを聞いた。

 試合時間14分18秒で、赤っ恥とも言える完敗を喫したオカダは試合後、ノーコメント。一方、ジェイは上機嫌で「俺はこれだけ短い時間でオカダに勝ったんだ。それを覚えておけ。オカダの時代は終わった。これからは俺の時代だ」と新時代の到来を高々と宣言。勢いそのまま、IWGPヘビー級王座次期挑戦者に名乗りを上げた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!