• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ノア】杉浦撃破の清宮は怪気炎 「最年少GHCヘビーも取る!」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】杉浦撃破の清宮は怪気炎 「最年少GHCヘビーも取る!」


杉浦(奥)から大金星を挙げた清宮は大喜び

 ノア「グローバルリーグ戦」Bブロック公式戦(8日、東京・後楽園ホール)で若武者・清宮海斗(22)が、GHCヘビー級王者・杉浦貴(48)を撃破する大殊勲の勝利を挙げた。

 一瞬だった。杉浦の打撃に防戦一方となったが、五輪予選スラムで抱え上げられると上体を巧みに入れ替え、そのまま変型のエビ固めでクルリ。3カウントを奪い、初参加のリーグ戦初戦で大仕事をやってのけた。

「よしっ! これがスタートです。まだリーグ戦があるけど今日の喜びはかみ殺して最後まで諦めずにいきたい。ネバーギブアップです」。まるで敗者のような控えめな言葉で若武者は歓喜を表現した。もちろん杉浦戦初勝利。逆に開幕2連敗となったV6中のGHC王者は、この日も背中を黒光りさせて無言で控室へ消えた。

 清宮は昨年12月に約半年間の北米修行から帰国し、今年1月に当時のGHC王者・拳王に初挑戦。大健闘を見せた。4月には潮﨑豪と組んで史上最年少でGHCタッグ王座を奪取。ハレンチ王が防衛を重ねる姿を横目で見ながら、再挑戦のチャンスを狙い続けていた。

「初挑戦後はたくさんのシングル戦を組んでもらったけど、結果を残すことができなかった。今回のリーグ戦はシングルプレーヤーとして大きなチャンスだと思う」

 帰国当初の狙いも忘れてはいない。GHCヘビー級王座史上最年少記録(丸藤正道の26歳11か月)更新だ。「今日で爪痕は残せた。強さも身をもって分かった。優勝して杉浦さんのベルトに挑戦して記録を更新したい」。若武者の快進撃が再び始まった。 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!