• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】IC王者ジェリコに挑戦のEVILが王座の暗黒化を計画


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】IC王者ジェリコに挑戦のEVILが王座の暗黒化を計画


EVILはIC王座の歴史を変えられるのか

 新日本プロレス11月3日のエディオンアリーナ大阪大会でIWGPインターコンチネンタル(IC)王者クリス・ジェリコ(47)に挑戦するEVILが25日、同王座の暗黒化計画を明かした。

 8日のザック・セイバーJr.(31)戦(両国)では、Y2Jに入場時を襲われた揚げ句、今回の挑戦者に指名された。だが「奇襲は想定しないわけではなかったが、まさかあのタイミングとは…。それだけこの俺の正面に立つのが怖かったんじゃないのか? ヤツのキャリアには敬意を表するが、俺はそれを最高の踏み台にさせてもらう」と不敵に言い放った。

 さらに“暗黒の王”らしく、白をイメージカラーとしたIC王座の一新を予告する。「歴代の王者がつくってきたものを、俺が全て塗り潰す。あのベルトをダークネスに染め上げてやるよ」

 同じロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也(36)は王者時代にベルトを破壊した“前科”があるが、EVILはベルトを黒色に染めて私物化し、新たな王者像をつくるつもりだ。

 このタイミングで王座奪取に成功すれば、初防衛戦は来年1月4日東京ドーム大会になることが濃厚。最初の挑戦者についても、考えがある。「内藤とザックのシングル戦は無視できないだろうな」と目をつけたのが、同じ大阪大会で一騎打ちする2人だ。

 内藤とは今年の1・4ドームのメインで同門対決実現の可能性があったが、EVILが昨年10月のIWGPヘビー級王座戦でオカダ・カズチカに敗れたため、かなわなかった。またザックとはジェリコの乱入により遺恨が棚上げになっていることから、内藤かザックをV1戦の相手に指名する意向が強いようだ。

「まずはジェリコに勝つことを考えている」。年間最大興行を占う大阪決戦の行方に注目だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!