• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 「プロレスオールスター戦」正式発表 天龍「馬場さんの偉大さを認識してもらえれば」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロレスオールスター戦」正式発表 天龍「馬場さんの偉大さを認識してもらえれば」


左から緒方公俊氏、天龍、坂口氏、緒方理咲子さん

 平成最後の「プロレスオールスター戦」が19日、正式発表された。午後2時から東京・千代田区のザ・キャピトルホテル東急で会見が行われ、本紙既報通り“世界の16文”として一時代を築いた故ジャイアント馬場さん(享年61)の「ジャイアント馬場没20年追善興行〜王者の魂〜」(東京スポーツ新聞社後援)が来年2月19日、東京・両国国技館で開催されることが発表された。

 現時点では新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノア、大日本プロレス、WRESTLE—1の参戦が決定している。その他の団体やフリー選手は現在、交渉中だという。元PWF会長スタン・ハンセン(69)の来日も決定。“呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(77)の引退セレモニー(本紙既報)が行われることも発表された。その他にもレジェンドのゲスト参加も予定されているという。

 ブッチャーは「1970年の夏、大きなスタジアムで初めてシングル戦を行ったことを思い出す。日本のファンに最後のお礼を伝えたい」とメッセージを寄せた。

 会見には実行委員会を代表して新日本プロレス相談役の坂口征二氏(76)、ミスタープロレス・天龍源一郎(68)、馬場さんの夫人・故元子さん(享年78)の姪で最期をみとった緒方理咲子さん(61)、馬場さんに関するライセンス事業を継承した又甥(またおい)の緒方公俊氏(31)が出席。実行委員の1人、秋山準全日本プロレス社長(49)はシリーズ中のため欠席した。

「51年前、プロレスの世界に入り(発表会見の)その夜に馬場さんとハワイへ渡って米国修行に入った。本当に弟のようにかわいがってくれた。7月の(元子さんの)『お別れ会』で話が盛り上がり開催実現に至った。皆さんのご協力を仰いで大会を成功させたい」と坂口氏は語り、天龍は「馬場さんが亡くなられて20年たつのか…という気持ちです。プロレスが継続する力を与えてくれたのが馬場さん。ご来場いただいた方に『ああ、こういう偉大な人がいらっしゃったのか』と認識してもらえれば何よりです。同時に元子さんの願いだった大会を成功させられればと考えております」と神妙な表情で語った。

 偶然にも大会開催日は、1955年に力道山、木村政彦組対シャープ兄弟が蔵前国技館で初めてプロレス国際試合を開催した「プロレスの日」とされている。同じ国技館しかも同じ日に開催される平成最後のプロレスオールスター戦は、時代の総決算となるビッグイベントになりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!