• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日】真霜拳號が王道T準決勝進出「優勝すれば3冠が見えてくる」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日】真霜拳號が王道T準決勝進出「優勝すれば3冠が見えてくる」


 K―DOJOの真霜拳號(39)が、全日本プロレスの3冠ヘビー級王座取りに照準を合わせた。

 22日の「王道トーナメント」2回戦(福岡・博多スターレーン)ではジョー・ドーリングを撃破。1回戦(17日、東京・後楽園ホール)では大巨人・石川修司に勝利しており、元3冠王者の2人を立て続けに下した。

 勢いに乗る真霜は「王道トーナメントは個人戦なので、ここで優勝すれば3冠が見えてくる。一番の目的はやはりそこですよね」と言い切った。2016年6月に当時の王者・宮原健斗への挑戦を実現させたが、ベルトには届かなかった。だが今回は、ハッキリと視界に捉えている。

 自信の根拠は、約10か月の欠場を経て得た手応えだ。昨年6月に左膝前十字靱帯断裂と半月板損傷の治療のため、靱帯の再建手術と半月板の処置を同時に受けた。実は十字靱帯自体は約5年前から切れていたが「体が動くし、放置していた」という。

 しかし「半月板をやってからは試合中に動けなくなることもあって手術するしかないなと。それでついでに靱帯(の手術)も受けました」という理由で手術に踏み切った。

 手術から約10か月間は、2001年のデビュー以来初めての長期欠場となったが「せっかくだから、しっかり休もうと。その間はプロレスも全く見ていないですし、選手ともできるだけ接触しないようにしていました。おかげで気持ちも体も全部リフレッシュできた」と前向きに捉えた。

 4月の復帰から約5か月。「今は、休んで強くなったと自信を持って言えます。精神的にもみなぎるものがあるし、ヒザの不安がなくなったことで意識を相手に全て持っていけるのは本当に大きい」

 準決勝(24日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)ではゼウスと激突し、勝てば同日の優勝決定戦進出が決まる。このまま一気に、ベルトにたどり着いてみせる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!