• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【WWE】NXT史上初の「統一戦」は反則裁定に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】NXT史上初の「統一戦」は反則裁定に


リコシェとピート・ダン(右)の王座統一戦が実現(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【フロリダ州オーランド19日(日本時間20日)発】WWE・NXT大会で、NXT史上初の「統一戦」が実現した。

 この日、北米王者リコシェ(29)と英国王者ピート・ダン(24)がそれぞれの王座を懸けて激突。勝ったほうが2か国でWWE管轄の王者となる重要な一戦だ。

 試合巧者同士の一戦は相手の出方を読みながらスタート。まずダンが得意のサブミッションでリコシェの左腕を集中的に攻め続ける。それでも新日本プロレスやドラゴンゲートで活躍したハイフライヤーは、トペ・スイシーダやシューティングスタープレスで一歩も譲らない。

 リコシェの勢いは止まらずリバースのフランケンシュタイナー、DDT、さらには雪崩式フランケンシュタイナーからのフェイスバスターでダンを追い詰めるが、惜しくもカウント2・9。逆にダンの三角絞め、左腕へのアームロックを決められてピンチに陥る。これを強引に外したリコシェは垂直落下式ブレーンバスターを炸裂させると両者ダウンとなってしまう。

 するとそこに抗争中のNXTタッグ王者アンディスピューテッド・エラ(ロデリック・ストロング、カイル・オライリー)が乱入して試合をブチ壊してしまう。ウォー・ライダーズ(レイモンド・ロウ、ハンソン)が駆けつけて救済するも試合は反則裁定。しかし両王者の激闘、さらには登場人物6人全員が日本でもおなじみの選手という豪華な展開に、会場では「NXTコール」が爆発していた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!