• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【WWE】ロンダ様 初のオープンチャレンジ戦でルビー撃退

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】ロンダ様 初のオープンチャレンジ戦でルビー撃退


【テキサス州ダラス17日(日本時間18日)発】WWEロウ大会が開催され、元UFC女子世界バンタム級王者でロウ女子王者のロンダ・ラウジー(31)が初めて「オープンチャレンジマッチ」で挑戦者を公募。ネオパンク女子集団ライオット・スクワッド(ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン)に襲撃されるも、撃退に成功した。

 前夜にアレクサ・ブリス(27)を退けたロンダは、ドレッシングルームで盟友ナタリア(36)とベラ・ツインズに「オープンチャレンジマッチってどうすればできるの?」と質問。流れを説明されると、メイン前にマイクを握り「昨夜はアレクサのベストマッチだった。だから私はブレット・ハートやストーンコールドやリック・フレアーのようなベストチャンピオンになりたいの。その一歩として、今夜はオープンチャレンジマッチに挑みたい。挑戦したい女子選手は出てきてちょうだい!」とアピールした。

 するとナタリアのテーマ曲が流れ、ロンダは一瞬、笑顔を見せるが、出てきたのは失神したナタリアを引きずったライオット・スクワッドだった。3人は猛スピードでロンダに突進。それでも怒りモードに入った王者は引かない。サラとモーガンに鮮やかなワンツー、背負い落としを決める。しかしルビーにスピアーを食らって、負傷している脇腹に集中砲火を浴びてピンチに陥った。

 ここでベラ・ツインズが救出に駆けつける。ベラ姉妹が他の2人を蹴散らすと、ロンダはボスのルビーをF5式高速サモアンドロップでKO。ロンダとベラ姉妹は10月6日「スーパー・ショーダウン」(オーストラリア・メルボルン)でルビー・ライオットとの対戦が決まっており、期せずして前哨戦で弾みをつけた形だ。

 王座戦は成立しなかったものの、自らオープンチャレンジ戦を志願したロンダ様は新たな領域に足を踏み入れ、名王者への道を歩み始めた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!