• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】後藤洋央紀が呼びかけ 今こそ「真・野毛決起軍」結成の時だ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】後藤洋央紀が呼びかけ 今こそ「真・野毛決起軍」結成の時だ


左から田口、山本尚史(ヨシタツ)、長尾浩志、中邑の野毛決起軍(2004年)

 新日本プロレスのNEVER無差別級王者・後藤洋央紀(39)が、超党派組織「真・野毛決起軍」の結成を示唆した。

 タイチ(38)とのV2戦(17日、大分・別府ビーコンプラザ)を控え、取り巻く環境は厳しい。G1クライマックスではBブロック最下位タイに沈み、V2戦はセミの扱い。メインには内藤哲也VS鈴木みのるのノンタイトル戦が据えられた。しかも内藤からIWGPヘビー級以外の王座廃止まで提案された。

「ここから這い上がるしかない。だからこそベルトを持っている必要がある。試合順は会社が決めたことなので、今さら言っても仕方ない。内藤はせいぜいセミに食われないような試合をしろ」と後藤はじくじたる思いで反論するが、周囲の増長ぶりは止まらない。

 挑戦者からも田口ジャパン入りを促される始末。同期の田口隆祐とはたもとを分かっているが、このタイチ発言に不快感を示した後藤は「アイツ(タイチ)も2002年(全日本でデビュー)組だけど、俺たちとは育ちが違う。田口、ヨシタツ。今こそ野毛道場で培ってきたものを…団体の垣根を越え、真・野毛決起軍を結成する時なんじゃないか?」と同期に呼び掛けた。

「野毛決起軍」とは04年に中邑が立ち上げた同期ユニット。当時、参加を拒んだ後藤に新軍団を率いる資格があるのか疑問な上に、中邑についても「海外にいるし、巻き込むのは…」と歯切れが悪い。果たして伝統の精神を体現する軍団がよみがえるのか注目だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!