• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > パンクラスがキック好きの岡田結実にラブコール「参戦お待ちしています」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンクラスがキック好きの岡田結実にラブコール「参戦お待ちしています」


完全グループ化会見を行ったパンクラスの酒井代表(右から3人目)ら

 あの有名タレントが格闘技参戦!? 総合格闘技団体「パンクラス」(酒井正和代表)と、ムエタイ・キックボクシングを主とする格闘団体「レベルス」(山口元気代表)が完全グループ化し、11日に都内で会見を開いた。

 現在、パンクラスはTOKYO MXで大会の生中継を行っているが、グループ化の新たな試みとして新人育成コーナー「PANCRASE REBELS TRYOUT」(仮称)を、10月から同局のスポーツ情報番組「BE―BOP SPORTS」(月曜午後8時)内でスタートさせる。

 梅野源治(29=PHOENIX)や不可思(27=クロスポイント吉祥寺)ら現役の有名選手が有望アマを数か月かけて育成し、パンクラスの大会で対戦。試合は生中継され、勝者は賞金とプロデビューを手にする。

 この日は同企画で来年2月17日に対戦が決まっている美形ギャルの岡本璃奈(24=ストラッグル)と、バイオリンとバレエが特技の女子高生・川島江理沙(16=クロスポイント吉祥寺)が登場。2人は今年4月に対戦(岡本が勝利)し、その後に友達になったという。

 岡本は「仲良しだが、これから戦闘モードに切り替えて、トップ選手を目指す」とコメント。川島は「大きな目標ができたので、結果を残してお世話になった方々に恩返ししたい。気持ちを切り替えて、2月はバチバチで戦う」と抱負を述べた。

 酒井代表によると「女子選手には華があり、従来とは違うファン層にアプローチできる。間口を広げるため、今後は格闘技初心者の読モや現役・OBを含めたアイドルの起用も考えている」とか。

 昨今、女子プロレスに参戦する元タレントは少なくないが、総合格闘技は敷居が高かった。ただ、レベルスとのグループ化で若い女性に人気のキックボクシングの選択肢が加わり、テレビ出演や賞金まで約束されるとなると話は別。有名グループを卒業してくすぶっている元アイドルには、限りなく魅力的に映るだろう。

 キックボクシングといえば、広瀬すず(20)やローラ(28)、菜々緒(29)、道端姉妹らがハマッていることで知られるが、最近、この分野で一番激しくアピールしているのが「閉店ガラガラ」で人気の2世タレント・岡田結実(18)だ。

 ドラマで共演した川口春奈(23)からジムを紹介され、佐藤仁美(38)を含めた3人で通っているという。「ずっと続けて、いつかスパーリングできるまでになりたい。仕事につながればいいな」と口にしている。

 趣味と実益を兼ねて、両親の離婚騒動のストレスをリングで発散!? 岡田は運動神経抜群だけに、話題を呼ぶのは間違いない。その気があれば「ぜひ参戦をお待ちしております」(酒井代表)というから、ご一報を!

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!