• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】5冠達成に王手 石川ロイヤルストレートフラッシュ狙う

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】5冠達成に王手 石川ロイヤルストレートフラッシュ狙う


ゼウス(右)をスプラッシュマウンテンで沈めた石川

 狙うは前人未到のロイヤルストレートフラッシュ。全日本プロレスに参戦する大巨人・石川修司(42)が9日、野望を明かした。諏訪魔(41)との「暴走大巨人」で保持する世界タッグ王座のV2戦(18日、東京・後楽園ホール)と、3冠ヘビー級王者ゼウス(36)への挑戦(26日、千葉・キッコーマンアリーナ)を控え、史上11人目の5冠王達成に王手をかけた状況。大巨人はさらなる目標を胸に秘めている。

 東京・新木場1stRING大会前の会見で石川は「自分は平成最後の5冠王を目指しているので、世界タッグ戦は絶対に負けられない。勝って3冠戦につなげます」と胸を張った。見据えるのはさらに高い位置だ。

「どうせやるなら歴史に名を残したい。年間グランドスラムって、もう達成した方がいらっしゃるし、自分はもう今年は資格ないんですよね? だったらもっと大きいことをやりたい。平成から次の新しい年号(元号)にまたがって一気に(王座を)制覇するのも面白い」

 3冠と世界タッグに春の祭典「チャンピオン・カーニバル」、そして暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」を加えた「年間グランドスラム」は田上明(1996年)と大森隆男(2014年)の2人しか達成していない。だが誰も成し遂げていない領域がある。

 13年から始まった秋の「王道トーナメント」を加えた5つの栄冠を制した選手は皆無なのだ。石川は今年のカーニバル優勝を逃しており年間での達成は不可能になったが、6月の世界タッグ奪還を機に、平成から新元号にまたがってのストレート奪取となれば、それこそこれから数十年は更新不可能な「新時代」を彩る大記録となる。

 5枚のカードを一気に揃える、いわば王道マットのロイヤルストレートフラッシュ。相棒の言葉を聞いた諏訪魔は「それは面白いね。本当なら俺がやりたいけど、石川選手にチャンスがあるならば、ぜひ先にやってほしい」と背中を押した。V2戦では宮原健斗(29)、ヨシタツ(41)組の挑戦を受けるが、初手からつまずくわけにはいかない。

 この日の試合では6人タッグ戦で3冠王者のゼウスと前哨対決すると、豪華なスプラッシュマウンテンで直接フォールを奪い気勢を上げた。「まず5冠王。そして全日本を引っ張っていく」。大巨人が新たな地平を目指す。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!