• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】永田 バレットクラブの無法G1荒らしに怒り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】永田 バレットクラブの無法G1荒らしに怒り


町田を指導する永田(左)

 新日本プロレスの永田裕志(50)が、真夏の祭典「G1クライマックス」を荒らし回る無法集団に大苦言を呈した。

 昨年大会限りでG1を卒業したミスターは開幕前の本紙G1予想で棚橋弘至(41)を本命に指名。その棚橋はAブロック単独首位を走っており「今日も道場で会ったけどケガが少なそうだし、後半戦になっても動きが落ちてない。ケアがしっかりできてるし、さすがだね」と改めて完全復活に期待を寄せた。

 その一方でタマ・トンガとバッドラック・ファレ(36)の「バレットクラブオリジナル」2人が、連日にわたって勝敗度外視の反則決着を繰り返していることには憤りを隠せない。「試合を壊す連中は出しちゃダメだよね。本来のG1とはかけ離れちゃってる。ああいう試合は、ファンは求めていない。白黒つけないと。過去にああいうことが続いてファンからひんしゅくもらったのも覚えているし。団体が上昇気流の今こそ、ああいうものは見せちゃダメだと思いますよ」と内容が「グレード1」にふさわしくないと斬り捨てた。

 誇り高きG1卒業生として“学級崩壊”ぶりが目に余るのだ。「まあ、だからって『俺を出せ』とは言わないけど。へっへへ」と再入学は否定しつつも「ああいう試合が増えるくらいなら、もっと出場人数を厳選すべき」と提案した。

 9日は新日プロが7月にオープンしたスポーツクラブ「アスレチックキャンプライオン」(東京・有明)でキックボクサーの町田光(31)にプロレス流トレーニングを伝授。G1出場時代に恒例だった公開特訓を“のれん分け”した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!