• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日】永田の“夏の特訓”復活!キックボクサー町田と合同トレ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日】永田の“夏の特訓”復活!キックボクサー町田と合同トレ


町田にロープを使ったトレーニングを教える永田

 新日本プロレスの永田裕志(50)が9日、キックボクサーの町田光(31)にプロレス流公開特訓を指南した。

 かつては「G1クライマックス」前の公開練習が恒例だったが、ミスターは昨年限りで真夏の祭典を卒業。だがカルト的人気を誇った“夏の風物詩”をこのまま封印するのはあまりに惜しく、このたびブシロードのキックイベント「KNOCK OUT」で活躍する町田との合同練習という形で復活を遂げた。

 10月大会(後楽園)に参戦予定の町田は、7月から新日プロがオープンさせた東京・有明のスポーツクラブ「アスレチックキャンプライオン」で練習開始。永田の指導のもと、ヒンズースクワットからボルダリングなど多岐にわたるメニューで徹底的に肉体をいじめ抜いた。

 トレーニングを終えた町田は「キックの動きではない動きをたくさんやったので。この練習をやっていけば、スタミナ面でも鍛えられますし、お客さんに、よりハートを届けられる試合ができるんじゃないかと」と手応えアピール。来場する「KNOCK OUT」の19日大田区大会もアピールした。

 図らずも特訓の伝道者としての道を歩み始めた永田も「貪欲に吸収しようという姿勢は素晴らしい」と太鼓判。今回はかなりベーシックな内容となったが、今後の特訓希望者のリクエストによっては、エアロビ、フラフープに始まり、ラーメン作りからアナウンスにまで及んだ珍妙路線の復活にも期待がかかる。その一方で9月9日に地元・東金で行う自身のプロデュース興行の宣伝にも余念がなく「今年で50(歳)になりましたが、まだまだ健在なファイトを披露したいね。へっへへ」と腕をぶしていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!