• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > グレート小鹿が76歳3か月でシングル王座奪取 世界最高齢戴冠の可能性も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレート小鹿が76歳3か月でシングル王座奪取 世界最高齢戴冠の可能性も


喜ぶグレート小鹿

 国内最年長出場記録の更新を続けている大日本プロレス・グレート小鹿会長が8日、国内最高齢でのシングル王座奪取に成功。76歳3か月での戴冠は世界最高齢の可能性があり、ギネス登録も視野に入ってきた。

 小鹿はこの日の上野大会で、新潟プロレス認定新潟無差別級王者シマ重野に挑戦。1973年10月18日に米テキサス州でテリー・ファンク(74)を破りNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を奪取して以来、実に45年ぶりのシングル王座奪取を目指して、なりふり構わぬファイトを展開した。

 序盤こそ重野のローキックや足4の字固めに苦しめられたが、ロープを駆使した攻撃や顔面かきむしり、グーパンチなどラフ攻撃も織り交ぜて逆転すると、最後はチョークスラムで3カウントを奪い、歓喜のベルト奪取となった。

 ベルトを腰に巻いた小鹿は「日本はこれから、高齢化社会になります。王者として、そんな高齢者の旗振り役として頑張っていきたい。我々高齢者が働き、地域貢献をすることで日本はもっと豊かになるのです」と大演説。この人があくどいラフファイトでベルトを取ったことを忘れたのか、観客は大歓声を送った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!