• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日G1】寡黙すぎる男SANADAに取材成功!しかし「もう忘れました」連発

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日G1】寡黙すぎる男SANADAに取材成功!しかし「もう忘れました」連発


SANADA(手前)のダンディーな魅力にオバサマたちもうっとり?(札幌中央市場、共栄水産で)

 新日本プロレス「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)」のSANADA(30)が17日、真夏の祭典「G1クライマックス」初制覇へ秘める思いを明かした。開幕前の本紙G1予想でお笑い芸人のケンドーコバヤシ(46)らから高い支持を集めた寡黙すぎる男にも、今年は何か期するものがある様子。奇跡的に実現した本紙の取材で、意外なライバルの存在が浮上した。

 北海道・札幌市内の待ち合わせ場所に20分遅刻したSANADAに、悪びれた様子はなかった。さっそく本紙G1予想について聞くと「まいっちゃうね、ホント。期待されるのはうれしいけど、それもそれで大変なんですよ」と冷静だった。

 特にケンドーコバヤシからは昨年大会で予告した「優勝して言いたいこと」を今年こそ明かしてほしいとリクエストされた。これも「もう忘れちゃいましたよ、そんなことは…」と答えるだけだった。

 意外な一面を見せたのは13日の会見だ。「SANADA、EVIL、そしてもう1人。この3人が結果を残さないといけない」と珍しく意見を述べたのだ。ただし、しゃべり慣れていないことによる影響か、言葉足らずだったために「もう1人」とはLIJの同門・内藤哲也(36)と勘違いされる始末。実際は同じBブロックの飯伏幸太(36)だった可能性が高い。

 SANADAは「もう忘れちゃいましたよ、そんなことは…」とはぐらかしつつ「その3人がやらないと、今までと変わらないですよね。刺激が足りないというか」と真意を説明。団体に新陳代謝を起こすためにも、今年はビッグタイトル未戴冠の人間がG1を制する必要があると力説した。その意味でも飯伏との公式戦(26日、新潟・アオーレ長岡)は重要な意味を持ちそうだ。

 15日の初戦(大田区大会)では後藤洋央紀(39)に敗れて黒星発進となったが「もう忘れちゃいましたよ」と気持ちは切り替わった。あまりの忘れっぷりが心配になり、試しに昨夜何を食べたのか聞いてみると…。しばし考え込んだ末に「ジンギスカンっす」。この日一番の笑顔とともに力強く親指を立てた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!