• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【WWE】中邑US王座初防衛 乱入オートンが大暴れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】中邑US王座初防衛 乱入オートンが大暴れ


US王座を初防衛した中邑(C)2018 WWE,Inc.All Rights Reserved.

【ペンシルベニア州ウィルクスバリ17日(日本時間18日)発】まさかの展開だ。WWEのスマックダウン(SD)大会で、新US王者の“黒いロックスター”中邑真輔(38)が前王者ジェフ・ハーディー(40)との再戦に臨むも、中邑のピンチに“毒蛇”ランディ・オートン(38)が乱入。大観衆が凍りつく残酷な大暴れで試合をブチ壊した。中邑は反則負けとなるも、ルールにより王座は動かず初防衛に成功した。

「エクストリーム・ルールズ」では、中邑がゴング前の急所攻撃から一気にキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)を叩き込み、わずか6秒で王座奪取。メジャー初戴冠を達成している。この日は緑の昆虫のようなメークを施したジェフが、ゴング前に奇襲を仕掛けた。すると開始6秒、中邑は金的攻撃のポーズを見せて不敵に笑う。立ち上がりはお互いが心理戦を仕掛けた。

 前王者が場外攻撃で先手を取ると、中邑は蹴りやパンチ、フェースロック、グッドバイブレーションでペースを奪う。合間にはとぼけた表情を見せ、さらには相手の決めゼリフ「Delete!(消去)」を叫ぶなどその姿は完全に「悪役王者」そのものだ。

 しかし5分過ぎ、執拗なフロントネックロックを脱出したジェフは「Delete!」と叫ぶと股間へのヒザ、さらには必殺のツイスト・オブ・フェイトを狙う。不発に終わるも、ここで上半身のコスチュームを脱ぐや、水彩画のような色彩に満ちた背中があらわになった。別人格モードに入った証拠だ。

 最上段からウィスパー弾を浴びせるやランニングエルボーから股間へのレッグドロップ…しかし中邑もツイスト弾をかわして串刺し式ニー、バックスタバー、スライディング式ニーで勝機を譲らない。

 だが満を持してのキンシャサ弾を外されて万事休す。ツイスト弾からスワントーンボムをまともに浴びて、3カウントは間違いなく入ると思われた。王座交代か——しかし次の瞬間、信じられない光景が訪れた。

 リングサイドに忍び寄っていた“毒蛇”オートンがジェフの足を引っ張り場外へ落とす。この時点で反則裁定のゴングが鳴らされた。

 オートンは何かに取りつかれたようにジェフの顔面を殴り続け「なぜか分かるか? なぜか分かるか?」と呪文のように繰り返す。さらには左耳のピアスの穴に指を通す残酷行為。もう表情は狂人のようだ。そして「ナカムラはどこだ?」とリングに顔を向けるが、すでに中邑は危険を察知してスルリとリングを脱出していた。

 収まらないオートンは実況席を壊して、スタッフにまで暴行を加える。US王座戦線参入を表明していた毒蛇だが、まさかこのような暴挙に出るとは誰も想像できなかった。リミッターが切れてしまった毒蛇、無言で消えた中邑、そして公開リンチを受けたジェフ。誰もが次の大きな仕掛けを狙ってくるのは間違いない。わずか6秒で終わったUS戦線は、たった2日で予想外の展開に突入した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!