• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【WWE】中邑 急所攻撃封印し前哨タッグ戦勝利

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【WWE】中邑 急所攻撃封印し前哨タッグ戦勝利


ジェフ(左)を攻める中邑(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ニューハンプシャー州マンチェスター10日(日本時間11日)発】WWEのスマックダウン(SD)で“黒いロックスター”中邑真輔(38)が3週間ぶりに復帰。WWE王者AJスタイルズ(41)と対戦するもルセフ(32)とUS王者ジェフ・ハーディー(40)が乱入したため、反則裁定の末、急きょAJ&ジェフの王者組対中邑&ルセフのタッグ戦が組まれた。

 5日後に迫ったPPV大会「エクストリーム・ルールズ(ER)」(15日、ペンシルベニア州ピッツバーグ)の豪華な前哨戦とあって場内は大歓声。まずはAJに初挑戦のルセフが、怪力を利して王者を投げまくる。しかし交代したジェフはウイスパー弾(後転式スプラッシュ)で形勢を五分に。ここで入ってきた中邑は、AJのスライディングヒザ蹴りで場外へ落とされた。

 リング上ではルセフがマチカキック(スーパーキック)をジェフの顔面に決める。US王者もツイスト・オブ・フェイトで反撃するも、最後はブルガリアの怪力男が再度のマチカ弾を豪快に決める。ジェフから3カウントを奪い、2王座の前哨タッグ戦で勝利を奪った。

 くしくもWWE王座に挑むルセフが、中邑のUS王座奪取を後押しした格好となったが、2試合を戦い抜いたロックスターにとっては最高の試運転となった。何よりこの日の中邑の試合運びはチェンジ・オブ・ペースが絶妙で、得意としていた急所攻撃も完全封印していた。奇々怪々な左足負傷事件も日本公演での王座戦中止のショックも消えた。新たなスタイルをつくりあげた感が強い中邑が、待望の王座奪取へ大きく前進した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!