• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 川田利明 中嶋勝彦との初シングル戦は「最初で最後」の攻撃箇所限定マッチ?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川田利明 中嶋勝彦との初シングル戦は「最初で最後」の攻撃箇所限定マッチ?


トークバトルに登場した川田利明(左)と中嶋勝彦

“デンジャラスK”川田利明(54)のプロデュース興行「Holy War」第2弾大会が8日、新木場1stRINGで開催され、川田は現GHCタッグ王者の中嶋勝彦(30)とトークショーを行った。

 中嶋とは3冠ヘビー級王者時代、全日本プロレスの2005年1月の後楽園ホール大会で初めて一騎打ち(初対決は04年5月のタッグ戦)を行った。

 川田は「これは初めて話すんだけど、あの試合で俺は左足一本しか攻めていないんだよね。試合前に佐々木(健介)選手からシャワー室で『こいつはまだ子供なんで、ここ(足)から上は攻めないでやってくれ』と頼まれたんだ。攻撃箇所限定のプロレスはあれが最初で最後。いい父親だったのに何で別れたの?」と感慨深げに秘話を明かした。

 一方の中嶋は「川田さんと戦うたびに記憶が飛んでいた。蹴りのレジェンド。僕の蹴りとはレベルが違ったです。まだ引退されていないし、戦ったり組んだりする可能性はゼロじゃない。次回を楽しみにしています!」とコスチューム姿での“再会マッチ”を熱望。茶髪に変身してすっかりやさぐれながらも、デビュー当時の初々しい表情に戻った。

 メインでは越中詩郎(59)、田中将斗(45)、KAZMA SAKAMOTO(35)組が宮本裕向(36)、将軍岡本(34)、清宮海斗(21)組と激突。越中がケツの嵐で場内を沸かせた後、最後は清宮がSAKAMOTOを猛虎原爆固めで仕留めた。

 4月の第1回大会に続いて2回目も超満員(312人)の観衆を動員。第3回大会は9月を予定している。川田は「次回はもっとグレードアップした試合を見せたい。段階を踏んで地道に続けていきます」と慎重に語った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!