• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】引退S・S・マシンが場外ラリアート締め

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】引退S・S・マシンが場外ラリアート締め


内藤(左)にラリアートを見舞うマシン

 新日本プロレス19日の後楽園ホール大会で、1980年代から活躍したスーパー・ストロング・マシン(年齢不詳)が引退セレモニーを行った。プロレス史上屈指のバイプレーヤーは独自の美学を貫いてマットを去った。

 選手として引退試合のリングに上がることはかなわなかったものの、引退記念試合として行われたマシン軍団の10人タッグ戦にセコンドとして登場。デビュー当時からマシン軍団を率いたマネジャーの将軍KY若松(76)も応援に駆け付けた。

 チームのピンチに立ち上がったマシンは、場外で内藤哲也(35)に豪快なラリアートを発射してアシスト。最後はS・S・マシン69(田口隆祐)が魔神風車固めを決め、マシン軍団が勝利を収めた。

 引退セレモニーでマイクを握ったマシンは「生涯現役で、と思ってましたが、受け身を取れるような状態ではなくなってしまいました。今まで応援してくださったファンの皆様に最後のごあいさつをしたいと思い、決断しました」と説明。引退の10カウントゴングを聞くと、最後に「もう1人、大事な人に感謝の言葉を送りたい。1月25日、28年間連れ添った妻・マサミが天国に旅立ちました。天国の妻へ、感謝の言葉をささげたいと思います」と、家族への熱い思いを語り、リングを後にした。

「日本ではシングル王者にはなれなかったけど、会社だって皆が皆、社長になれるわけじゃないでしょ。自分はトップではなくて、2番手の人生。そういう人がいないと、世間もプロレスも成り立たない。全然後悔してないですよ。マシンになって、マシンで引退できてよかった」。いぶし銀の存在としてファンに愛され、コーチとしても手腕を振るった「機械の中の機械」は、永遠にファンの心の中に生き続ける。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

2019年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「友駿ホースクラブ愛馬会」「東京サラブレッドクラブ」「YGGオーナーズクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!