• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 8・31後楽園で高山支援大会 鈴木みのる「帰ってくる場所をつくりたい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8・31後楽園で高山支援大会 鈴木みのる「帰ってくる場所をつくりたい」


TAKAYAMANIAの開催を発表するみのる

 頸椎完全損傷でリハビリ中のプロレスラー・高山善廣(51)を支援する「TAKAYAMANIA実行委員会」が5日、都内で会見を行い、親友の鈴木みのる(49)が出席。8月31日に支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE」を後楽園ホールで開催すると発表した。

 高山は昨年5月4日のDDT大阪大会の試合中に頸椎を損傷。現在は復帰を目指しリハビリ中。石原真マネジャーは「首から下は肩が少し動かせる状態になった。正直、かなり厳しいが、本人は毎日リハビリを頑張っています」と現状を説明した。

「TAKAYAMANIA EMPIRE」は全7試合を行い、収益は経費以外全額が高山の治療費に充てられる。

 会見ではメインで「鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADA組VS太陽ケア、TAKAみちのく、カズ・ハヤシ組」を行うことも発表した。高山の意向を受けて、このカードを組んだという鈴木は「全日本のころに、プロレスを楽しいと感じていた時間らしく、再現まではいかないが、その当時のメンバーでメッセージを送りたい。ここに高山がいて、武藤(敬司)がいて…。そんなメンバーでやっていたので」と説明。他の6試合についても高山の意向を聞きながら交渉にあたっていることを明かし「高山が今まで関わった各団体にひと通り声をかけてくれとのことで。口は相変わらず達者なんでね(笑い)。高山ならではの仰天カードばかり。“交渉する側の身にもなれよ”という要求ばかりしてくる」と笑顔を見せた。

 石原マネジャーは今後も同大会を開催したい意向を表明。鈴木も「アイツにはいつかトップロープをまたいで入ってもらいます。そこまでやってもらわないと。帰ってくるのは間違いない。その帰ってくる場所を特定のプロモーションが持つのではなく、ファンのみんなでつくってあげられたらな、という思いがある」と意欲を見せた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!