• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】乱入藤田に秋山社長激怒

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】乱入藤田に秋山社長激怒


乱入した藤田(左)と秋山社長は一触即発ムード。中央はカシン

 二度と来るな! 全日本プロレスの秋山準社長(48)が3日の兵庫・神戸大会に乱入した野獣・藤田和之(47)に対して怒りを噴火させた。

 メインは元3冠王者・船木誠勝(49)の「デビュー33周年記念試合」として行われ、秋山はブラック・タイガーⅦを交えて“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)とタッグを結成。船木、諏訪魔(41)、佐藤光留(37)組と激突した。しかし終了直後に藤田がまさかの乱入。全日プロを代表して筋肉獣・ゼウス(36)がリングインを阻止すると、会場は騒然とした空気に包まれ「帰れ」コールまで起きた。

 秋山は「ふざけるなって。俺は何も聞いていないどころか、入場を許可した覚えもない。チケット持ってたのか? じゃなかったら不法侵入だろうよ。いい加減にしろ!」と吐き捨て、完全に「激怒モード」に入ってしまった。こうなった時の秋山は、もう誰にも制御できない。

「法的措置も考える。チケット買って来てくれたお客さんに申し訳ねえだろ? ゼウスが止めてくれたけど、今後は一切かかわるなと言う」と続けた。一方の藤田とカシンは、噴火する社長を無視するかのように会場売店でサイン会に励む始末…。野獣は何を問われても「ない、ない」の一点張り。カシンはカシンで「僕が指示したわけではありません、ハイ。藤田君、売るものを売ったら袋叩きにされる前にサッサと帰るぞ」と危険を察知して脱兎のごとく会場を後にした。

 結局は水とガソリンだった秋山とカシンのタッグは、最悪の結果だけを残して終わった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!