• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 没後実に19年…故ジャイアント馬場さんの納骨式執り行われる

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

没後実に19年…故ジャイアント馬場さんの納骨式執り行われる


ページ: 1 2

馬場さんと元子夫人の遺骨に手を合わせる和田京平レフェリー

“世界の16文”“東洋の巨人”として一時代を築いた不世出の名レスラー、故ジャイアント馬場さん(享年61)と、4月14日に肝硬変のため死去した夫人・元子さん(享年78)の納骨式が3日、兵庫・明石市の本松寺でしめやかに営まれた。

 元子さんの四十九日法要に合わせて行われたもので、1999年1月31日に死去した馬場さんは、実に没後19年余りで最愛の夫人と同じ墓に納骨された。式には元子さんの親族のほか、全日本プロレスからは和田京平レフェリー(63)が参列した。

 馬場さんの遺骨は長く東京・渋谷区恵比寿の自宅に保管され「なぜお墓をつくらないのか」との声も多かった。実は元子さんの実父で故伊藤悌(やすし)さんが85年に死去した際、同寺の墓の前で号泣する元子さんを、馬場さんは「もう泣くなよ。お父さんのお墓の隣に、馬場家のお墓を建てるから。そこに一緒に入ろう。そうすれば永遠にお父さんの隣にいられるだろ」となぐさめて、数年後に墓を建立した。その約束は四半世紀を超えて、果たされたことになる。

 7月18日には都内のホテルで元子さんの「お別れ会」が行われる予定。明石は元子さんが生まれ育った場所で、2人が知り合った思い出の土地でもある。昭和のプロレス黄金時代を支えた夫婦は、海から程近い静かな土地で永遠の眠りについた。

【和田京平レフェリーの話】これでファンの皆さんがお参りできる。心底これで良かったと思います。遺骨は重かったです。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!