• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【大日本】野村卓矢 鈴木秀樹のベルト奪取へ狂気の目つぶし殺法も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大日本】野村卓矢 鈴木秀樹のベルト奪取へ狂気の目つぶし殺法も


異常執念を見せた野村

 大日本プロレス13日の後楽園ホール大会で「マット界一の偏屈者」こと鈴木秀樹(38)が保持するBJW認定世界ストロングヘビー級王座挑戦へ向け、新世代の旗手・野村卓矢(24)が異様な執念を見せた。

 野村はこの日のタッグ戦で鈴木と激突。積極的に攻め続けたが、ラフも交えた王者のどっしりとした攻撃に圧倒され、最後は人間風車で投げ捨てられて3カウントを奪われた。異変が起きたのはその後だ。神谷英慶(26)が挑戦を表明するも、鈴木はこれを一蹴。すると大の字だった野村が「ベルトを懸けるのが怖いのか? 万が一でも負けるのが怖いのか?」とゾンビのように立ち上がって挑発したのだ。鬼気迫る姿に驚いたのか、鈴木は「俺とお客さんを納得させられるなら、やる」と条件つきで挑戦を認めた。

 もはや狂気の色すら漂う表情の野村は、敗戦の事実も忘れて「アイツの何を考えてるか分からないところが嫌い。どんな手を使っても納得させて半殺しにしてやる。アイツがかみつき攻撃なら、こっちは目つぶし、指折り、凶器攻撃…なんでもやって振り向かせてやる。必ずベルトにたどり着く!」と、一時は師匠格だった王者に物騒な言葉を突き付けて、逆襲を誓った。

 また、メインのタッグデスマッチでは、木高イサミ(36)がBJW認定デスマッチヘビー級王者の竹田誠志(32)からフォールを奪取。この勝利により6月20日後楽園大会での王座戦が決定した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!