• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【全日本】諏訪魔が決断 藤田戦は無期限凍結だ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全日本】諏訪魔が決断 藤田戦は無期限凍結だ


カマボコをくわえた諏訪魔は藤田との決別を表明した

 これで本当に終わりなのか。全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(41)が10日、遺恨が残っていた野獣・藤田和之(47)との再戦を無期限で凍結させることを決めた。早期リベンジを訴えていたが一転、春の祭典「チャンピオン・カーニバル」を終えて、新たな外敵勢を標的としたため。一方、そもそも勝ち逃げを宣言していた藤田はすでに諏訪魔など眼中にない様子で、約10年ぶりとなる総合格闘技(MMA)戦での勝利を目指して中国へ出発した。

 突然の変心だった。諏訪魔は藤田との再戦について「もう賞味期限切れだろうなって。周りから求められていないのが分かるしさ。絡んで、振り回された感がある」と心境を明かした。

 3月25日さいたま大会の6人タッグ戦では、約2年4か月ぶりの対戦が実現した。ところが自軍が敗れた果てに、試合後は口の中にカマボコを突っ込まれる屈辱の“カマボコ葬”に処された。その後はリマッチを要求し続けていたが、180度方向を転換したことになる。

 理由はカーニバルにある。Bブロック最終公式戦で敗退し、丸藤正道(38=ノア)に初優勝をさらわれる結果に終わる一方で、大きな収穫があった。

「外敵で興味を引かれるヤツがたくさんいた。これを火種にしたら、面白くなるんじゃないかなって。それに(Aブロックの)石川修司も俺に意地を張り、すごい試合をしていた。今年になって暴走大巨人は散々だったから、もう一度タイトルを狙うよ」

 カーニバル参戦選手が所属するノアやドラゴンゲート、フリーの外敵勢を新たな標的に定めた格好だ。さらに2月3日の横浜大会で王座から陥落後は、王者が次々と交代して、外部に流出してしまった世界タッグ王座(現王者は崔領二、ディラン・ジェイムス組)を石川とのコンビ・暴走大巨人で取り返しにいく決意を固めている。

 暴走大巨人の存在感が薄れたのは、3月の藤田戦が浮上してからだった。ここでひと区切りつけることで、名コンビが再始動する。「機運が高まれば、またいつの日か交わる時が来るかもな。まっ、俺はプロレスでメチャメチャやるから、藤田和之は総合格闘技でメチャメチャやればいいんじゃない」。2015年春から続いた2人の遺恨は、完全決着を待たずしてひとまずの終焉を迎えそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!