【超花火】世志琥が新爆女王に 試合後は長与を一喝「クソつまんねえんだよ」

2018年01月28日 18時50分

第2代女王に輝いた世志琥

 超花火プロレス「電流爆破フェスティバル」(28日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)で行われた爆女王選手権は、女子プロレス界のカリスマ・長与千種(53=マーベラス)が王座から陥落し、シードリングの世志琥(24)が第2代王者に輝いた。

 長与が持つベルトを懸け、世志琥、藤田あかね(31=アイスリボン)、そしてTARU(53)が投入した“極悪覆面女”ブードゥー・レディーマスクによる4WAYマッチ形式で行われたタイトル戦。用意された4本の電流爆破バットのうち、3本はダミーで1本だけに爆薬が仕掛けられた「ロシアンルーレット」形式で行われた。

 赤い法被姿の大応援団を引き連れて入場してきた長与はゴング前に奇襲をかけ、極悪覆面女と激しい場外乱闘を繰り広げる。爆破バットを手にした極悪覆面女にフルスイングされるが、これはダミーだったため爆破は逃れた。その後も世志琥と藤田がバット攻撃を繰り出すが、いずれも“不発弾”だ。

 そして迎えた13分過ぎ、残る最後のバットを手にした極悪覆面女が、藤田めがけて命中させると、ついに大爆発。様子がおかしいと感じた長与と世志琥が覆面を脱がすと、やはり正体はTARUだった。怒りの長与がTARUと大乱闘を繰り広げる中、世志琥がダイビングセントーンで藤田から勝利を奪った。

 この結果により、初の電流爆破戦で一度も爆破を経験しないまま世志琥が新王者になった。ベルトは失ったものの長与は満足そうな表情で「ベルトは最適な人間を選ぶ。悔しいけど、うれしいわ。私はお前のファンだよ。そのベルトを死ぬ気で守ってくれますか?」と改めて爆破継承者に指名した。

 さらに「しばらく長与は爆女王から消えます」と超花火プロレスからの撤退を表明。すっかり長与劇場と化した試合後のリングだったが、新女王になった世志琥も黙っていなかった。「負けたクセにグダグダ言ってんじゃねえ! 長与劇場なんてクソつまんねえんだよ」と一喝すると「このベルトがアタイのもとにある。それが事実。だから、このベルトを巻いてる世志琥にご注目!」と豪語した。

 なお歓喜の世志琥をアイスリボンの世羅りさ(26)が静かにニラみつける場面もあり、長与不在となった爆女王戦線は新たなステージに突入しそうだ。