【アイスリボン】鈴季すず〝ロボット狩り〟予告「竹田の金的潰しにいきたい」

2021年04月20日 19時20分

ポーズをとる竹田誠志(左)と鈴季すず

 ハードコア路線を突き進む女子プロレス「アイスリボン」の鈴季すず(18)が、〝ロボット狩り〟を予告した。

「決意のハードコア七番勝負」の3戦目(24日、東京・後楽園ホール)で竹田誠志(35)と激突。ここまで宮本裕向(38)、佐々木貴(46)と並みいるデスマッチファイターと戦って2連敗。しかし20日の会見では「初戦はどこを見て、誰に気持ちをぶつければいいのか分からない状態だった。でも2戦経験して、周りを見られるくらい余裕が出てきた」と確かな成長に自信を見せた。

 ただデスマッチの強豪・竹田が相手とあって「試合が決まってから、いろんな人から『あいつは人間じゃないぞ。人間の心を持ってないロボットだぞ』と厳重に注意を受けた」と周囲からの警告を告白。そのうえで攻略法を問われると「弱点はやっぱり金的。一応、付いていると思うのでそこを潰しにいきたい」と恐るべき戦法を明かした。

 すると会見に同席した竹田から「ロボットなんだろ。金的効かねーよ。付いてねーよ」と舌戦を仕掛けられた。早くもヒートアップの様相だが、果たして初勝利を挙げることはできるのか。

関連タグ: