“ギャルレスラー”寿ゆり聖地初上陸

2014年08月15日 16時00分

入場時にパラパラを踊る寿ゆり、左後方は山下りな

 アイスリボンの“ギャルレスラー”寿ゆり(20)が14日、後楽園ホールに初登場。格闘技の聖地を渋谷色に一変させた。

 

 寿は現役のギャルサークル副代表。この日タッグを組んだ山下りな(25)とともに、お得意のパラパラで入場すると“渋谷にいない系男子”を興奮のるつぼに。最後は藤本つかさ(31)にフォールされ、プロ初白星はおあずけとなったが「プロレスを通じてギャル文化の再ブームを目指すッス」とペイントレスラーばりのメークで夢を語った。