メヒコ進出で開眼 イオがハイスピード王座を“ルチャ化”

2014年05月27日 16時00分

コロナの水着で気分はメキシカンのイオ

 ルチャの女王になる。スターダム2冠王の紫雷イオ(24)が26日、ハイスピード王座をルチャ・リブレスタイルにシフトチェンジすることを宣言した。

 

 絶対女王がまた一段とたくましくなった。イオは5月9日から10日間にわたるメキシコ遠征を行い、17日(日本時間18日)にはスター・ファイヤーを下してワールド・オブ・スターダム王座V8に成功。完全アウェーで同王座の連続防衛新記録を樹立した。

 

 また11日(日本時間12日)にはルチャの聖地、アレナ・メヒコに初進出。現地の新聞には1ページ丸ごとイオ特集が掲載されたほどで、世界のスターへと大きく飛躍した。

 

 イオは「アレナ・メヒコでは鳥肌が立った。防衛記録も塗り替えられ、本当に忘れられない遠征になった。感無量です」と、いまだに興奮が収まらない。

 

 メキシコでは試合だけでなく、ルチャ伝統の関節技・ジャベも研究。25日の新木場大会では早速、変型コブラツイストを披露している。

 

「本場のルチャを体感して、ルチャの女王にもなりたくなった。ハイスピード王座は夏樹(☆たいよう)さんのマネはできないんで、私はルチャの要素を入れた防衛戦をやっていきたい」とイオは同王座のルチャ化を予告。

 

 ハイスピード王座V1戦の相手は未定だが、挑戦者候補に今回の遠征に同行した岩谷麻優や、JWPのコマンド・ボリショイ、アイスリボンの藤本つかさらの名前を挙げた。