【アイスリボン】新婚ホヤホヤの世羅 結婚情報誌でぶん殴られフォール負け

2019年02月09日 16時47分

藤本つかさ(上)らに3人がかりで痛めつけられる世羅りさ(中)

 爆女王・世羅りさ(27)が9日、アイスリボン・横浜大会で、大日本プロレス・宇藤純久(30)との結婚を発表した。

 第1試合前にリング上から入籍を発表した世羅はセミの6人タッグ戦に出場し、ICE×∞王者・雪妃真矢、藤本つかさ(35)、宮城もち(32)の未婚3人と対戦した。

 試合では当然の如く集中砲火に遭う。藤本をジャイアントスイングで10回転させるなど奮闘したが、終盤、雪妃の情念がこもったハイキックでフラフラに。さらに藤本から分厚い結婚情報誌でブン殴られ、そのまま雪妃に丸め込まれて先月31日の入籍以来初となる黒星を喫した。

 試合後、婚姻届の証人でもある豊田真奈美スーパーバイザーから「先を先を越されて悔しいけど結婚、おめでとうございます」と祝福された世羅。マイクを持つと「結婚イコール引退と皆さん、思うかもしれないですけど、自分は引退しません。プロレス、デスマッチでどんどん向上していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」とあいさつ。続けて「これからもアイスリボンの一員として、人妻レスラーとして盛り上げていきます!」と決意表明し、歓声を浴びた。