【アイスリボン】巨大パンダとの“情事”で窮地の藤本つかさが逆ギレ 「いつでも試合する」

2019年01月25日 16時30分

プロレス大賞授賞式でアンドレザとキスする藤本(右)

 藤本つかさ(35=アイスリボン)がアンドレザ・ジャイアントパンダ(♂3歳)との“情事”で窮地に陥っている。宮城県から両親もお祝いに駆け付けた晴れの舞台で一転して“略奪不倫”の疑いをかけられ「私が何か悪いことをしたのでしょうか…」と涙ながらに訴えた。

 また、巨大パンダ妻から批判されたことについて「筋違いですよ」と反論した上で「そんなに言うなら、私はいつでも試合をしますよ!」と逆ギレする場面もあった。

 ただし、アイスリボン内では取締役選手代表という立場。同団体の佐藤肇社長(54)は「明らかにコンプライアンス違反です。ウチは女性と子供のファンも多くいるのに、軽率な行動だったと厳重注意しました。しかもあれだけ選手がいて、誰も止めることができなかったことを残念に思います」と語った。今後は何かしらの処分が下される模様だ。